便利なわきが治療情報

一般的に、女性の体の成長は30歳前後で一応のピークを迎え、その後は安定した状態が続きますから、この時期になってから美容整形を受けるのが良いのです。女性の体は、幼児期を経て思春期になると、まさにダイナミックな変化を遂げます。思春期とは、性機能の発現、つまり乳房の発育や陰毛の発生などの第2次性徴の出現に始まり、初潮を経て第2次性徴の完成と、月経周期がほぼ順調になるまでの期間のことをいいます。
その期間は、日本の現状では8、9歳から17歳頃までというのが一般的です。

わきがの情報をお探しですか。

そしてその後が成人期となって、30歳代の後半頃まで続きます。

美容整形を受けるかどうか判断するのは、この成人期になってからで十分なのです。例えば典型的なのは、バストです。

バストが発達する時期は、人によってずいぶん違います。

中学生時代にすでに十分に発育する場合もありますし、15歳くらいから急に発育してくる場合もあります。

もしも高校生の「あなた胸が小さいよね」と言われたとしても、決して悲観することはないのです。



その時は小さかったとしても、女性ホルモンの分泌が盛んになれば、胸も膨らんでくるからです。

あわてて豊胸術を受けたりすると、その発育を阻害することにもなりかねません。ですから、美容整形のひとつの目安は15歳前後ということになるのです。
もしも初潮の年齢が極端に遅かったような場合は、30歳過ぎくらいまで待ってからでも、決して遅くはありません。ところが、例外があるのです。

それがワキガ・多汗症の治療なのですから、話が少しややこしくなります。
ワキガ・多汗症の場合も、一般的にはホルモンの分泌が安定した時期になってから、手術するかどうかを判断するのが望ましいのは確かです。


ワキガもホルモンの分泌に関わる部分が大きいからです。

ところが、ワキガは遺伝的な体質の問題でもありますから、小学校低学年で病的にひどく臭うケースも少なくありません。
こんな例がありました。



ある小学生の女の子が、お母さんと一緒にクリニックに来られました。お母さんの話では、その女の子は夏場になると、「クサイ女!」と学校ではやし立てられ、友達もできずに登校拒否になってしまったとのことでした。


Copyright (C) 2015 便利なわきが治療情報 All Rights Reserved.